東京メトロ銀座線・虎ノ門駅、リニューアル 地下駅前広場の整備・ホーム拡幅など

2020年7月1日 水曜日 7:49 AM

虎ノ門駅

東京メトロは、銀座線虎ノ門駅の渋谷方面行きホームの拡幅、新改札設置、地下駅前広場の整備を終え、7月1日より供用を開始した。

工事は、同社が参画する虎ノ門駅前地区市街地再開発組合が計画を進めてきた「虎ノ門駅前地区第一種市街地再開発事業」の一環として行われた。ホーム拡幅、新改札設置、出入口新設とともに、エレベーター・エスカレーター等、新たなバリアフリー設備や約600平方メートルの地下駅前広場を整備し、ゆとりのある魅力的な地下駅空間を創出したという。なお、今回の改良工事により、渋谷方面行きホーム幅は6.8メートルから10.4メートルに(いずれもホーム中央部)、改札口が4か所から5か所に、出入口が11か所から13か所に増加している。

また、渋谷方面行きホームにつながる地下歩行者通路により、都心と臨海部を結ぶBRTおよび空港リムジンバスも発着可能なバスターミナルや、周辺再開発ビルに接続するとともに、日比谷線虎ノ門ヒルズ駅との乗り換えも可能となっており、虎ノ門地区における交通結節機能を一層向上させるとしている。

同社では、今後も同駅の改良工事を進めるとしている。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内