東海道新幹線N700S、きょうの「のぞみ1号」でデビュー

2020年7月1日 水曜日 5:30 AM

n700s

東海道新幹線の新型車両N700Sが、きょう7月1日から営業運転を開始する。一番列車は午前6時東京駅発、博多駅行きの「のぞみ1号」となる。

同列車の出発に合わせ、東京駅14番線では記念式典が開催される。途中、品川・新横浜・名古屋・京都・新大阪・新神戸・岡山・福山・広島・小倉の各駅に停車し、終点の博多駅には午前10時52分に到着予定。

N700Sは東海道新幹線では13年ぶりとなるフルモデルチェンジ車両。形式名の「S」は「Supreme(最高の)」という英単語にちなみ、N700系シリーズで最高の車両を意味している。7月1日にまず4編成がデビューし、2022年度までに全40編成が投入される。

■関連記事
JR東海の“最高の新幹線”N700S 従来型N700Aと何が違うのか
700系の魂が宿る? 来月デビューの東海道新幹線「N700S」の車内を紹介
700系の廃材が生まれ変わる N700Sは“新幹線からできた”世界初の新幹線だった

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内