ホワイト・ベアーファミリーとWBFホールディングス、民事再生法の適用申請 負債総額約300億円、旅行業として負債総額最大

2020年6月30日 火曜日 4:04 午後

ホワイト・ベアーファミリー

東京商工リサーチによると、ホワイト・ベアーファミリーとWBFホールディングスが、6月30日に大阪地裁に民事再生法の適用を申請し、同日に監督命令を受けた。負債総額は約300億円超。

国内旅行は「しろくまツアー」、海外旅行は「ハッピーホリデー」のブランドで展開していた。4月には、ホテルの運営を受託するWBFホテル&リゾーツも民事再生法の適用を申請していた。負債総額は約160億円だった。

2017年に破産手続きを申請した、てるみくらぶとグループ会社の負債総額は約218億円で、これを上回る。東京商工リサーチによると、旅行業で負債総額最大、負債総額では今年最大の倒産となった。

星野リゾートは、ホワイト・ベアーファミリー、WBFホテル&リゾーツ、WBFホールディングスの3社と、「スポンサー就任についての基本合意書」を締結した。星野リゾートのスポンサー就任のほか、支援内容や方針に関して決定された内容はないとしている。今後必要な調査、検討等を行い、事業再生の可能性について協議を行っていくとしている。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内