スターフライヤー、国際線全便の運休期間延長 9月30日まで

2020年6月29日 月曜日 10:24 AM

スターフライヤー(エアバスA320型機)

スターフライヤーは、新型コロナウイルスの感染が拡大による需要減退が続いていることから、国際線全路線の運休期間を9月30日まで延長した。

国際線は、名古屋/中部・北九州〜台北/桃園線の2路線を運航しており、両路線ともに3月11日から運休を継続している。今回発表となった減便数は368便で、9月30日までの国際線の減便数は816便となった。

予約客には、全額払い戻しを案内する。出発予定日から30日以内の申請を求めている。

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内