JR西日本、特急車両に空気清浄機を搭載 約600両対象に9月以降

2020年6月25日 木曜日 12:35 午後

JR西日本 特急車両への空気清浄機搭載

JR西日本は、乗客の安全・安心に向けた取り組みとして、特急車両に空気清浄機を搭載する。

同社保有の車両の約8割は、換気装置や空調装置を通じて、常に換気が行なわれているが、新たに特急車両に対して空気清浄機を搭載する。対象となるのは、「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」、「WEST EXPRESS 銀河」、「サンダーバード」、「はるか」など、約600両の特急車両。停車駅間の走行時間が長く、乗客自身で窓が開けられない構造の車両が対象となる。

空気清浄機は、脱臭、除菌、ウイルス・VOC除去機能のある、光触媒と紫外線の組み合わせを用いたものを搭載する。客室天井部にある空調装置の吸い込み口に設置し、搭載車両には、乗客に向けたピクトグラムも貼付するという。設置工事は、搭載する器具の設計などを経た、9月以降を予定している。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内