ギリシャ政府、国際線の乗り入れ制限緩和を延期

2020年6月17日 水曜日 12:10 PM

外務省海外安全ホームページ

ギリシャ政府は、日本を含む、新型コロナウイルスの感染状況が落ち着いた国からの入国制限を6月15日より緩和する見通しだったものの、6月30日まで見送られた。

当初は第1次緩和として、6月15日から、ドイツやブルガリア、キプロス、イスラエルなどの感染状況が落ち着いた20ヶ国・地域からの入国を認めることを計画していた。国際線の乗り入れはアテネ国際空港に限るとしていた。

第2次緩和として、7月1日からは大半の国や地域からの入国を自由化し、アテネ以外からの入国も可能にする。新型コロナウイルスの検査や隔離措置は行わないものの、無作為にサンプリング検査を実施する。7月15日以降は、段階的に入国制限を解除する見通しだった。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内