大韓航空、「バック・トゥ・フロント」ゾーン搭乗を導入 後方座席から先に搭乗

2020年6月15日 月曜日 12:32 午後

大韓航空 バック・トゥ・フロント

大韓航空は、社会的距離の確保の取り組みの一環として、国内線と国際線のすべてのエコノミークラスの乗客を対象に、「バック・トゥ・フロント」ゾーン搭乗システムを導入した。

後方の座席の乗客を先に搭乗させることで、乗客間の接触を最小限に抑えるというもの。機体のサイズに応じて、3つまたは4つのゾーンに分割され、搭乗券に印刷されたゾーン番号を通じて、搭乗順を確認することができる。なお、乳幼児や子供連れ、高齢者やサポートの必要な乗客は、ゾーン番号に関係なく優先的に搭乗できるという。

大韓航空は、国際線のゲートの床に、安全な立ち位置を知らせるマークを設置することで、乗客が搭乗を待つ際、安全な距離を保つことができるよう配慮している。また、手指消毒剤を含む衛生製品を機内や空港内で提供するほか、乗客と乗務員にマスクの着用を求めるなど、新型コロナウイルス感染拡大を抑制するために、様々な取り組みを実施している。

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内