ブッキング・ドットコム、コロナが収束したら行きたい「ウィッシュリスト」情報を公開 国内旅行への関心増加

2020年6月12日 金曜日 8:33 午前

ブッキング・ドットコムは5月21日、新型コロナウイルス感染症が収束したら行きたい地域や宿泊施設を示す「ウィッシュリスト」のデータを発表した。

公開した数百万の「ウィッシュリスト」のデータは、3~4月の過去2ヶ月で世界中のユーザーが、ウィッシュリストとして登録・保存したもの。これまで同様、多くの国際的な観光地がリストに上がっている中で、この時期に世界中で登録されている「ウィッシュリスト」の51%が国内旅行という結果になった。昨年の同時期は33%であることから、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、しばらくは国内旅行へとシフトしていくという。

日本国内のデータに限ると、昨年は40%だった国内のお気に入り登録が71%まで上昇しており、世界平均よりもその意識の変化が色濃く反映されている。ウィッシュリストに登録されている日本国内の地域は、東京、京都、大阪、福岡が上位に。特に関西圏の京都、大阪では、「ローカルフード」や「ユニバーサルスタジオジャパン」を魅力に感じる日本人が多く、国内でありながら非日常を感じることのできる土地が人気となった。さらに、20位以内には那覇市、恩納村、石垣島、宮古島、北谷と沖縄から5ヶ所がランクインしており、「水族館」や「島々」、「ダイビング」などのアクティビティを楽しめる国内リゾートを堪能したいという意識が反映されたという。

一方で、海外旅行に目を向けている日本人の中で最も人気の地域はソウル、次いでバンコク、ホノルル、台北、パリとなった。トップ10のうち7ヶ所は東南アジアを示し、比較的近距離の海外旅行を選択している人が多い結果となった。1,000以上の地域の中で、世界の人々からもっとも「ウィッシュリスト」を集めたのは、ロンドン。次いでサンクトペテルブルク、パリ。日本は18都市が選ばれており、東京都が6位、京都府が27位、大阪府が29位と30位以内に3都府がランクインした。

また、各国ともに長い外出自粛の期間を経て、少しずつ外の景色を見ることができるようになってきた今、検討されている宿泊施設タイプも国によって志向が様々となった。日本では、ホテルが52%と世界平均よりも12%人気が高く、次いでアパートメント、ホステル、旅館、ゲストハウスが選ばれた。


さらに、5月1週目までに日本で「ウィッシュリスト」に登録された宿泊施設のうち、京都の施設が多く選ばれていた。

ブッキング・ドットコムの副社長兼CMOであるArjan Dijk氏は、「皆様がブッキング・ドットコム上でウィッシュリストを作成することで、誰もが旅行について希望を持つための刺激になると信じていますし、また近い未来で旅行が可能になったときに、お客様がウィッシュリストを思い出し行きたかった場所に行けるよう努めてまいります。」とコメントしている。

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内