カタール航空、アメリカン航空とのコードシェアを開始 米国内線で

2020年6月11日 木曜日 8:34 午前

カタール航空とアメリカン航空は、5月17日から共同運航(コードシェア)を開始した。

2月に締結した戦略的パートナーシップの一環として実施され、アメリカン航空の運航するアメリカ国内線にカタール航空の便名を付与する。コードシェアは、今後数週間にわたって展開され、カタール航空が就航するアメリカ10都市の空港を発着する、アメリカン航空の1,000便以上で実施される。

対象となるのは、アメリカン航空がハブ空港とするシカゴ、ダラス発着路線で、マイアミ、ヒューストン、アトランタ、デトロイト、ミネアポリス、シアトル、サンフランシスコなどの200都市に接続する。今後は、政府の承認を条件として、中米やカリブ海地域の都市にも共同運航便を拡大していく。

また、両社は戦略的パートナーシップによる提携を今後、さらに強化する。北米、中南米、ヨーロッパと接続するアメリカン航空国際線に共同運航便を拡張するほか、アメリカ、中東、アフリカ、アジアを結ぶカタール航空運航便にアメリカン航空の便名を付与していく。

カタール航空の最高商務責任者、サイモン・タリング・スミス氏は、「今回展開する共同運航便は、長期的な成長を可能にするアメリカン航空との戦略的パートナーシップを構築していくうえで、第一段階にすぎない。世界的に強大な2つの航空会社が提携すれば、新型コロナウイルス感染症により直面する現在の困難に打ち勝ちことができ、また乗客に信頼でき、安心安全で、表彰もののサービスを提供していける」とコメントしている。

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内