デルタ航空、中央席ブロックを9月30日まで継続 座席使用率の制限も

2020年6月6日 土曜日 5:56 午後

デルタ航空は、9月30日まで、すべての運航便において中央席を空席とし、クラスごとに座席使用率の上限を設ける。

中央席の制限について、デルタ航空のモバイルアプリまたは公式サイトで座席選択を行う際に、9月30日まではすべての中央席が選択不可となる。また、座席配置が左右2列の機材の場合、通路側の座席が一部選択できなくなるという。

座席使用率は、乗客により広いスペースを確保するために、ファーストクラスで50%、ビジネスクラスのデルタ・ワンで75%、エコノミークラスのメインキャビンとデルタ・コンフォートプラス、プレミアムエコノミークラスのデルタ・プレミアムセレクトで60%を上限に設定する。旅客需要の増加により、座席使用率の上限に近い路線については、機材の大型化や増便によって補填する。また、メダリオン会員の自動アップグレードも6月10日から再開する予定としている。

デルタ航空では、乗員と乗客にマスク着用を求めるとともに、乗客を後部座席から順に搭乗させ、乗客同士のすれ違いを減らすなど、様々な感染予防対策を実施している。

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内