エミレーツ航空、従業員の解雇を決定 コロナ影響

2020年6月1日 月曜日 5:27 AM

エミレーツ航空(エアバスA380型機)

エミレーツ航空は、従業員を解雇することを決めた。詳しい数はわかっていない。

広報担当者はドバイ政府メディアオフィスを通じ、「このような厳しい時期に、安全対策を着実に進めながら、少しずつ空への復帰を始めています。現在のパンデミックは世界中の多くの産業に影響を与えており、私たちは現在の家族を今のまま維持しようと努力し、事業を維持するために可能なすべてのシナリオを検討しましたが、残念ながら、私たちと一緒に働いてくれた少数の素晴らしい人々に別れを告げなければならないという結論に達しました。私たちは継続的に状況を再評価しており、この過渡期に適応しなければなりません。私たちは状況を軽視せず、会社は雇用を守るためにできる限りのことをしています。厳しい決断を迫られる場合、私たちは人々を公平かつ敬意を持って接します。」との声明を発表した。

ブルームバーグは5月17日付けで、グループ全体の3割にあたる3万人の雇用削減と、エアバスA380型機の早期退役を検討すると報じていた。エミレーツ航空は5月21日から、一部のフライトの運航を再開しているものの、多くのフライトは運航できていない。エアバスA380型機の最大の運航会社で、115機を保有している。シェイク・アハメッド・ビン・サイード・アル・マクトゥーム会長は、今後少なくとも1年半は需要が回復しない可能性を示唆していた。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内