スカンジナビア航空、6月から順次運航再開 NYやシカゴにも

2020年5月27日 水曜日 8:39 午後

スカンジナビア航空

スカンジナビア航空は、6月から順次、運航路線を増加させる。

6月1日からストックホルム〜シェレフテオ線、6月2日からコペンハーゲン〜オーフス線、6月8日からコペンハーゲン〜アムステルダム・ベルゲン・スタバンゲル線とスタバンゲル〜アバディーン線、ストックホルム〜ヘルシンキ・トゥルク・マルメ・カルマル線の運航を再開する。

6月10日からは、コペンハーゲン〜ニューヨーク・シカゴ線の長距離路線2路線の運航を再開する。6月15日からは、ストックホルム〜エンゲルホルム線の運航も追加する。

スカンジナビア航空では、今回追加された就航地や路線に加え、各国の規制が緩和されて旅行需要が高まれば、多くのフライトを運航するとしている。現在の運航機材数は15機で、6月中には30機に倍増することになるという。

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内