青森国際ホテルの運営会社、破産申請 負債総額約16億円

2020年5月27日 水曜日 3:02 午後

東京商工リサーチ

東京商工リサーチによると、青森県青森市の青森国際ホテルを運営する国際ホテルが事業を停止し、青森地裁に破産を申請した。

国際ホテルは、1938年に創業した同名の国際ホテルが前身。2001年3月期には、売上高約16億円を計上していた。2011年には会社分割により、国際ホテルを新設し、旧国際ホテルはMS商事に商号を変更。MS商事は2011年11月に特別清算開始決定を受けていた。

その後は債務を圧縮し、再建を図っていたものの、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う宴会や宿泊のキャンセルが相次ぎ、4月21日から全館を休館していた。運転資金が確保できず資金繰りが急速に悪化し、事業継続が困難となった。負債総額は約16億円。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内