15%

外務省、11ヶ国に対する感染症危険情報レベルを引き上げ

外務省海外安全ホームページ

外務省は5月22日、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大状況を受け、11ヶ国に対する感染症危険情報レベルを「レベル3(渡航中止勧告)」に引き上げた。

レベルを引き上げたのは、インド、パキスタン、バングラデシュ、アルゼンチン、エルサルバドル、キルギス、タジキスタン、アフガニスタン、ガーナ、ギニア、南アフリカの11ヶ国。

これにより、「レベル3」に指定された国は111ヶ国・地域となった。その他の全ての国・地域についても、「レベル2(渡航自粛勧告)」が発出されている。

詳細はこちら