JR東日本スタートアップとLiberaware、JR新宿駅の天井裏点検の実証実験を実施 世界最小クラスのドローン「IBIS」を活用

2020年5月21日 木曜日 12:10 午後

JR東日本スタートアップとLiberawareは、JR東日本スタートアッププログラム2019の一環として、狭小空間特化型ドローン「IBIS(アイビス)」を活用し、JR新宿駅の天井裏点検の実証実験を行なった。

駅舎などの改良工事やメンテナンスは、電車の運行している時間帯に実施できないことから、作業の効率化が求められる。また、天井裏点検は、天井面を一つずつ外しながらの作業であるため、時間を要する。こうした背景を踏まえ、IBISを活用した新たな点検手法についての実証実験が進められた。

実際にIBISを新宿駅の駅舎天井裏を飛行させ、どのスペースまで飛行できるか、撮影した映像が、点検に資するレベルのものであるか等をジャッジ。また、IBISが撮影した動画をもとに点群データを生成し、これにより距離計測や図面化の作業が効率化できるかの確認を行なった。これらの実験項目を経て、撮影した動画から配管やケーブルなどの計測や3D化にも成功し、天井裏の状況確認業務について、ドローン活用の有用性や業務効率化の可能性を確認することができた。

今後はより精度を高めるための検証を行なっていき、人が直接入れない場所の点検において、作業負担軽減や生産性向上につながる新たな点検手法の確立を目指すとしている。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内