緊急事態宣言解除後、「旅行好き」6割以上が3ヶ月以内の国内旅行に意欲 トラベルズー調査

2020年5月20日 水曜日 8:44 PM

トラベルズー・ジャパンは、日本国内の会員に対し、緊急事態宣言解除後の旅行意向に関する調査を実施した。5月12日から17日にかけて調査を実施し、会員4,306人から回答を得た。

緊急事態宣言後の宿泊を伴う国内旅行の再開時期に関する質問では、「すぐにでも(23.6%)」「1~3ヶ月後(41.6%)」を合わせて3か月以内に旅行の再開意向を持つ回答者が65.2%にのぼった。6ヶ月以内であれば回答者の88.5%が国内旅行の再開意向を示している。

海外旅行の再開時期に関する質問では、「すぐにでも(8.7%)」「1~3か月後(15.3%)」「4~6か月後(23.0%)」を合わせて6ヶ月以内に旅行の再開意向を持つ回答者が47.0%に達する一方で、「1年以上先」が32.9%であることから、海外旅行の早期再開に対して慎重な意見も確認できたとしている。

また、緊急事態宣言解除後、最初に行きたい旅行に関する質問では、「自宅から片道2時間圏内でマイカーを利用する個人旅行(29.9%)」「自宅から片道2時間半以上でマイカーを利用する個人旅行(17.0%)」を合わせて移動手段を自家用車と答えた回答者の割合が46.9%に達したことから、鉄道やバスなどの公共交通機関での移動を控える傾向があるとしている。一方で、「国内で航空機を利用する個人旅行(20.3%)」「海外で航空機を利用する個人旅行(14.0%)」なども上位につけたことから、遠方かつ近場では代替できない観光資源を持つ旅先ならば航空機の利用を検討していることもわかる。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内