J-リザーブ、事業停止 宿泊施設へ決済代行サービス提供

2020年5月18日 月曜日 2:03 午後

宿泊施設に決済代行サービスを提供していた、J-リザーブが事業を停止した模様であることがわかった。

J-リザーブは、2008年4月に設立。資本額は1億6,300万円。J-リザーブの決済代行サービスは、手間なしやダイレクトイン、予約番といったサイトコントローラーとも接続していた。決済サービスは5月1日から停止している。

5月16日夜時点で、本社が入居するビルの看板には、すでに社名の掲示はされていなかった。本社に電話を試みたところ、電話番号は使われていないというアナウンスがされる。ウェブサイトは閉鎖している。

ウェブサイトのキャッシュによると、システム管理やサービス運用を、愛知県名古屋市に本社を置き、J-リザーブと同じビルに東京事業所を置くキャストに委託しているという。キャスト本社に電話したところ、すでに使われていないというアナウンスが流れる状態となっている。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内