国交省、MaaSの普及にむけAIオンデマンド交通の導入を支援

2020年5月17日 日曜日 12:25 午後

国土交通省

国土交通省は、MaaS普及のための基盤整備の一環として、今年度よりAIオンデマンド交通の導入を支援する取り組みを行う。

オンデマンド交通は、利用者予約に対し、リアルタイムに最適配車を行うシステムで、AIを活用することで、最適な運航ルートを決定するだけでなく、移動需要の予測や運行の効率性向上が可能になると期待されている。

今年度支援の対象となるのは、会津乗合自動車、福井交通、伊豆急東海タクシー、WILLER EXPRESS、広島電鉄、西日本鉄道の6社で、システム整備費などの諸経費の3分の1を同省が補助することになっている。

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内