ローソン、臨時休業中の「道の駅」の産直野菜を横浜・川崎のローソンで販売 5月4日から7日まで

2020年5月3日 日曜日 6:05 午後

ローソンは、緊急事態宣言で外出自粛が進む中、ゴールデンウィーク期間中に臨時休業することが決まった「道の駅ましこ」で販売予定だった青果物を、5月4日から7日までの4日間、横浜市内と川崎市内のローソン5店舗で販売する。

今回販売する商品は、栃木県益子町にある「道の駅ましこ」で販売する予定だった、地元益子町産のとちおとめやロメインレタス、新たまねぎなどの青果物約10種類。産地品を高速バスに載せ、旅客と一緒に都心まで運搬する仕組み「バスあいのり」のスキームを活用し、新鮮な野菜をその日のうちに店舗に届ける。

産直野菜は、鶴見水道道店、横浜馬場三丁目店、鶴見上末吉五丁目店、川崎小倉下町店、川崎木月二丁目店の5店舗で販売される。

ローソンは、今回の取り組みを通じて、販売実績や顧客の反応を検証し、「道の駅」の商品を店舗へ届ける仕組みの拡大を検討するとしている。

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内