アルピコ交通、上高地線の全車両に「次亜塩素酸水噴霧器」を設置 新型コロナ対策で

2020年5月2日 土曜日 12:37 午後

アルピコ交通は、新型コロナウイルス感染症の予防対策として、松本電鉄・上高地線の全車両に次亜塩素酸水噴霧器を設置して運行する。

上高地線は、松本・新島々間の約14キロを走る路線。噴霧器は、各車両の運転室後部客室内に設置される。

設置機器は、星光技研の協力で同鉄道用に改造した次亜塩素酸水超音波噴霧器。濃度50ppmに希釈した次亜塩素酸水「ジアリフレ」が、1分噴霧・4分休止の間欠制御で噴霧する。

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内