アメリカン航空、機材の退役加速 757−200型機など5機種

2020年5月1日 金曜日 1:59 午後

アメリカン航空は、経年機の退役を加速させる。

2020年末までに退役を予定していた、エンブラエル190型機とボーイング767-300ER型機を退役させた。さらにボーイング757-200型機とエアバスA330-300型機の退役も加速させる。PSA航空が運航する、CRJ200型機も運航を終了する。

エアバスA330-300型機は、USエアウェイズが2000年に導入。2020年1月1日時点で9機を保有していた。大西洋横断路線のほか、一部の国内線に投入していた。

ボーイング757-200型機は、アメリカウエスト航空が1987年、アメリカン航空が1989年に導入し、2020年1月1日時点で34機を保有していた。国内主要路線やハワイ路線、一部の大西洋横断路線や中南米路線にも投入していた。

ボーイング767-300ER型機は、アメリカン航空が1988年に導入。2020年1月1日時点で17機を保有していた。大西洋横断路線のほか、一部の国内線、ハワイ路線、中南米路線に投入していた。

エンブラエル190型機は、USエアウェイズが2006年に導入。2020年1月1日時点で20機を保有していた。

CRJ200型機は、PSA航空が2003年に導入。2020年1月1日時点で19機を保有していた。シャーロット、ワシントン、フィラデルフィアを拠点に東海岸の国内路線に投入していた。

機材の統一により、運航の複雑さが解消されるとしている。エアバスA321neoやボーイング737 MAX、ボーイング787型機の納入を継続しており、訓練の効率化や整備の合理化の恩恵を受ける。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内