ANA、グランドスタッフが「フェイスシールド」を製作する様子を公開 調達容易な材料使用

2020年4月18日 土曜日 12:35 午後

全日本空輸(ANA)は、子会社でグランドハンドリング業務を担うANAエアポートサービスのスタッフが、飛沫による新型コロナウイルスへの感染を防ぐ「フェイスシールド」を製作している模様を公開した。

発案者は、ANAエアポートサービス旅客サービス部の佐伯麻帆さん。4月13日から、身近なものを使って簡単に誰でも製作できるものを、半日ほどかけて構想し、試作を繰り返した。慣れると1つ10分程度で作れるようになるといい、羽田空港では、スタッフが業務の合間に製作しているという。

材料はゴム紐、硬質A4カードケース、すきまテープ、コードストッパー、マスキングテープのみとシンプル。製作方法は各空港にも共有しており、各空港でも製作ができるようにした。調達が難しい空港には送付しており、すでにミャンマーに送付したという。

まずは、羽田空港の国際線搭乗口や、国内線のサーモグラフィーで発熱が確認された人に対応するスタッフに対し、1人1つを配布する。700個程度が完成し、1,000個程度の製作を見込む。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内