香港空港管理局、香港拠点の航空会社から航空券50万枚を購入 救済の一環、将来的にキャンペーンで配布

2020年4月9日 木曜日 10:03 AM

香港国際空港(HKG)

香港国際空港を運営する香港空港管理局は4月8日、20億香港ドル(約281億円)相当の航空会社や航空関連事業者救済パッケージを発表した。

香港を拠点とする航空会社、キャセイパシフィック航空、キャセイドラゴン航空、香港航空、香港エクスプレス航空の4社から、約50万枚の航空券を事前購入する。航空会社は資金を事前に入手でき、資金の流動性を確保できる。空港会社は将来的に、香港内外で行うキャンペーンで配布する。

グランドハンドリング会社やケータリング会社などの航空支援サービス事業者には、地上サービス機器(GSE)を売却するオプションを提供する。現金で買い取った後、一時的に無料で貸し出しを行う。

香港空港管理局はこれまでに、合計46億香港ドル相当の4つの救済措置を発表している。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内