HTBクルーズ、特別清算を開始 長崎〜上海航路を運航、帝国データバンク調査

2020年4月7日 火曜日 7:00 午前

HTBクルーズ

帝国データバンクによると、HTBクルーズが3月23日に長崎地裁佐世保支部から特別清算開始命令を受けた。

HTBクルーズは、ハウステンボスが長崎県などの協力を得て、上海〜長崎航路のフェリーの運航を目的として2011年1月に設立。資本金は4億円。

関係会社のTEN BOSCH CRUISE PANAMAが所有する「オーシャンローズ」号を使用して、長崎から上海航路を週1便運航していた。所要時間は約26時間で、公海上ではカジノも提供していた。

東日本大震災や、尖閣諸島をめぐる日中関係悪化によるキャンセルなどで、2012年10月に、運休を余儀なくされていた。2013年1月には無期限運休し、同2月から「オーシャンローズ」号は海外事業法人に対し、3年契約で裸傭船していた。負債はわかっていない。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内