外務省、不要不急の海外渡航中止求める 多くの国に感染症危険情報「レベル3」、全世界に「レベル2」

2020年3月31日 火曜日 2:56 午後

外務省は3月31日、欧州やアジアなど幅広い国に感染症危険情報「レベル3(不要不急の渡航中止勧告)」を発出した。

不要不急の渡航を中止するよう勧告する「レベル3」に引き上げられた国は、インドネシア、韓国、シンガポール、タイ、台湾、中国、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、アメリカ、エクアドル、ドミニカ国、チリ、パナマ、ブラジル、ボリビア、アルバニア、アルメニア、イギリス、北マケドニア、キプロス、ギリシャ、クロアチア、コソボ、スロバキア、セルビア、チェコ、ハンガリー、フィンランド、ブルガリア、ポーランド、ボスニア・ヘルツェゴビナ、モルドバ、モンテネグロ、ラトビア、リトアニア、ルーマニア、イスラエル、エジプト、トルコ、バーレーン、コートジボワール、コンゴ民主共和国、モーリシャス、モロッコの49ヶ国・地域。

それ以外の全世界の全ての国は、「レベル2(不要不急の渡航自粛勧告)」に引き上げた。

新型コロナウイルスの感染者は、3月31日現在で、世界176ヶ国・地域で約76万人以上に達している。感染拡大のスピードが加速しており、最初の10万人に達するまで60日以上を要したものの、直近ではわずか2日間で10万人以上増加している。日本でも、海外で感染し、国内に移入したと疑われる感染者が、連日10人以上確認されている。

■関連記事
日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(4月3日午前6時時点)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(4月3日午後5時現在)

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内