北海道中央バス・北都交通、新千歳空港連絡バスの減便継続 通常の半数程度

2020年3月29日 日曜日 7:23 午前

北海道中央バス

北海道中央バスと北都交通は、共同運行する新千歳空港連絡バスの減便を継続する。

3月31日までは札幌都心を発着する系統は、札幌発で計32便を減便し、新千歳空港発も計31便を減便する。減便後は、1日31.5往復となり(札幌発が32便、新千歳空港発が32便)、札幌駅前・すすきの~新千歳空港間は、概ね30分間隔で運行する。4月1日以降も同様のダイヤで運行する。

そのほか、大谷地駅(地下鉄東西線)、北24条駅(地下鉄南北線)、サッポロビール園、アパホテル&リゾート<札幌>、定山渓を発着する系統も、減便や運休を実施する。

減便期間は4月23日までの予定だが、今後の状況により変更になる場合があるとしている。また、アパホテル&リゾート<札幌>と定山渓を発着する系統は、4月30日までの減便と運休を決定している。

■関連記事
日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(4月3日午前6時時点)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(4月3日午後5時現在)

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内