ANA、4月の国内線3,788便の欠航決める 約17.8%のフライトに影響

2020年3月23日 月曜日 10:34 午後

ANA(ボーイング737-800型機)

全日本空輸(ANA)は、4月1日から28日の国内線の一部路線で、運休や減便を決定した。

対象路線は58路線で、影響便数は3,788便となる。当初は118路線21,264便の運航を予定しており、約17.8%のフライトに影響が出ることになる。

最も減便となる便数が多いのは東京/羽田〜大阪/関西線で、1日3往復となり、当初の予定から半減する。ほとんどの路線は1日1往復の減便に留まる。

一時的に運休となる路線は、札幌/千歳〜富山・小松・岡山線、名古屋/中部〜旭川・女満別線、大阪/関西〜福岡線、福岡〜仙台・小松線。

■関連記事
日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(4月3日午前6時時点)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(4月3日午後5時現在)

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内