ニュージーランド航空、東京/成田〜オークランド線を一時運休 長距離路線85%削減

2020年3月16日 月曜日 7:59 午前

ニュージーランド航空

ニュージーランド航空は、長距離路線の供給量を約85%削減する。

オークランドと東京/成田、シカゴ、サンフランシスコ、ヒューストン、ブエノスアイレス、バンクーバー、ホノルル、デンパサール、台北/桃園を結ぶ全便を、3月30日から6月30日まで運休する。また、3月21日から6月30日まで、ロンドン〜ロサンゼルス線も運航を停止する。アジアや北米への路線を維持するため、最小限の便数を残す。運航便数などのスケジュールの詳細は、数日中に発表する。

タスマン、太平洋路線でも4月から運航便数を大幅に減らす計画で、今週後半にも発表する。国内線も4月と5月に約30%のフライトを減らすものの、運休となる路線はないという。

ニュージーランド航空では、出発が48時間以内の人や緊急帰国する必要がある人を除いて、当面の間は問い合わせを待つよう求めている。

グレッグ・フォラン最高経営責任者(CEO)は、「私たちは、無駄のないコストベース、強力なバランスシート、十分な手元資金、優れたブランド、そして毎日期待された成果を上回るチームを兼ね備えた、俊敏な航空会社です。また、協力的なパートナー会社もいます。ニュージーランド政府とも協議しているところです。これから少なくとも数か月は、人員を含めてより少ないリソースで済む小規模の航空会社になることを受け入れていきます。これまでは、社員の無給休暇や、残日数の多い有給休暇取得を促すなど、さまざまな措置を展開してきましたが、それにも限界はあります。社内の一部スタッフの配置転換や、他の組織のサポートにも取り組んでいます。」とコメントした。

ニュージーランド政府は3月15日から、太平洋島嶼国以外からの全入国者に14日間の自主隔離を要請している

■関連記事
日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(4月3日午前6時時点)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(4月3日午後5時現在)

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内