シンガポール政府、日本からの入国も14日間行動制限 16日深夜から

2020年3月16日 月曜日 7:51 午前

シンガポール入国管理局(ICA)

シンガポール政府は、3月16日午後11時59分から、過去14日以内に日本、ASEAN諸国、スイス、イギリスへの渡航歴を持つ全ての人のシンガポール入国を制限する。

シンガポール国民や永住者、長期滞在ビザ所持者、短期滞在者が対象で、シンガポールに入国後14日間は自宅待機もしくは外出禁止となる。滞在地を提示する必要があり、無症状でも新型コロナウイルス検査を受ける必要がある。

また、ASEAN諸国からシンガポールを訪問する短期滞在者は、渡航前に居住国のシンガポール大使館を通じて、シンガポール保健省の事前承認を得る必要がある。入国時にシンガポール移民管理局が承認を確認する。

すでに、中国本土やイラン、イタリア、フランス、ドイツ、韓国、スペインからの短期滞在者の入国やトランジットは禁止している。シンガポール国民や永住者、長期滞在ビザ所持者の、入国後14日間の自宅待機は継続する。

シンガポール保健省による、シンガポール国内での新型コロナウイルスの感染者数は212人で、うち105人が退院した。死亡者はいない。

■関連記事
日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(4月3日午前6時時点)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(4月3日午後5時現在)

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内