アエロフロート、欧州4ヶ国発着の一部の便を運休 4月末まで

2020年3月13日 金曜日 7:38 AM

アエロフロート・ロシア航空

アエロフロート・ロシア航空は、政府の決定に基づき、イタリア・スペイン・フランス・ドイツを発着する一部の便を、3月13日から4月30日まで運休する。

運航を継続するのは、ローマ、マドリード、バルセロナ、テネリフェ、パリ、ベルリン、ミュンヘン、フランクフルトとパリを結ぶ便。テネリフェ発着便は3月20日まで運航し、往復航空券の復路としての利用に限り、搭乗できる。

予約客へは手数料無料での払い戻し、12月31日までもしくは隣接都市への運航便への1回限りの変更を受け付ける。隣接都市以外への予約変更は、運賃規則で認められる場合に限り、1回限り手数料を免除して変更できるものの、運賃や諸税は再計算の上、差額は徴収する。

■関連記事
日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(4月3日午前6時時点)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(4月3日午後5時現在)

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内