JR北海道、一部特急で減便や減車 コロナで約47億円減収

2020年3月11日 水曜日 5:22 PM

JR北海道は、新型コロナウイルスの影響で利用者が減少していることから、一部の特急列車で減便や減車を行う。

札幌〜旭川駅間を結ぶ「カムイ」と「ライラック」の合わせて5往復と、札幌〜室蘭駅間を結ぶ「すずらん」の3往復を、3月23日から4月23日まで減便する。札幌〜函館駅間を結ぶ「北斗」と札幌〜帯広駅間を結ぶ「とかち」の各2往復を、4月6日から23日まで減便する。

さらに、「おおぞら」は3月23日から4月23日まで自由席車両を1両減車し、5両編成で運転する。「北斗」は3月23日から4月23日まで自由席車両を1両、4月6日から23日までは指定席車両を4両(一部グリーン車)で運転する。

「カムイ19号」は3月23日から4月23日まで、6両編成で運転する。

運休のため旅行を取りやめる場合は、無手数料で払い戻しの対応を行う。運休列車の指定席券の変更は、駅のみどりの窓口などで受け付ける。減車となる号車の指定席券の座席は、乗車の際に案内する。

JR北海道によると、前年と比較した3月の利用者の割合は、北海道新幹線は25.7%、特急列車は30.2%、快速エアポートは48%だった。新型コロナウイルスによる、1月24日から3月31日までの影響額は、約47億円に達する見通し。

■関連記事
日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(3月30日午前10時時点)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(3月27日午後5時現在)

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内