福島・猪苗代の田村屋旅館、民事再生法の適用申請 負債約4億円、東京商工リサーチ

2020年3月11日 水曜日 11:52 午前

田村屋旅館

東京商工リサーチによると、福島県猪苗代町の田村屋旅館が、3月6日に福島地裁会津若松支部へ民事再生法の適用を申請した。負債総額は約4億円。

田村屋旅館は、1964年3月に創業した老舗。資本金は2,000万円。最盛期の1995年6月期には、売上高約3億7,600万円を計上していたものの、団体旅行の減少から、2000年6月期には2億円、2005年6月期は1億円台に低下。福島第一原発事故による風評被害も、集客に追い打ちをかけていた。2019年6月期の売上高は約6,300万円に留まっていた。

今季は暖冬の影響でスキー客が減少し、新型コロナウイルスの影響で宿泊キャンセルが相次いでいた。

■関連記事
日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(4月3日午前6時時点)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(4月3日午後5時現在)

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内