愛トラベル、事業を停止 コロナ関連倒産、東京商工リサーチ調査

2020年3月11日 水曜日 9:28 午前

愛トラベル

東京商工リサーチによると、広島県の愛トラベルが事業を停止した。

愛トラベルは、1998年6月に事業を開始。ウェブサイトによると、資本金は5,500万円で、従業員数は30人。バス事業のほか、「アイツアー」ブランドのツアーをはじめとした国内旅行の販売を手掛けていた。

ピークとなる2002年5月期の売上高は約20億円だったものの、その後の売上高は約14億円前後で推移したものの、2010年9月の貸切バス事業者への指導、監督強化により業容を縮小。2011年5月期の売上高は約9億8,300万円となり、その後も低迷していたという。平成30年7月豪雨による運行停止や、新型コロナウイルスの感染拡大により、事業継続が困難になったという。広島地裁に破産を申請する見通し。

■関連記事
日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(4月3日午前6時時点)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(4月3日午後5時現在)

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内