中国当局、日本人への査証免除を停止 3月10日から暫定的に、商用や親族訪問は対象外

2020年3月9日 月曜日 6:57 PM

上海浦東国際空港

中国外交部は3月9日、日本人の中国入国の査証(ビザ)免除措置を3月10日より暫定的に停止する。

日本人による、旅行や友人訪問、トランジットのいずれかの目的での入国であれば、15日以内に限り査証を免除していた。在中華人民共和国日本国大使館によると、停止期間は未定。

商用と親族訪問目的では、引き続き査証を免除するものの、中国国内の招待側が7日以内に発行した書類の原本を提示する必要がある。書類には当事者の指名、中国国内の連絡人や連絡方法が含まれている必要がある。

■関連記事
日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(3月30日午前10時時点)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(3月27日午後5時現在)

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内