クルーズ船「グランド・プリンセス」号の乗客下船、数日間かかる見通し

2020年3月9日 月曜日 2:41 午後

プリンセス・クルーズ

プリンセス・クルーズは、乗員乗客21人から新型コロナウイルスの感染が確認されたクルーズ船「グランド・プリンセス」号の乗客の下船作業を、現地時間3月9日にも開始する見通しであることを明らかにした。

「グランド・プリンセス」号は現在、サンフランシスコ沖約10マイル(16キロ)に位置。当初は日本を含む54国籍の乗員1,111人、乗客2,422人の計3,533人が乗船していたものの、一部の乗客は病気の治療のため下船した。

カリフォルニア州のオークランド港に入港後、乗客の下船は優先順位を付けて、数日間に渡って行われる。アメリカの沿岸警備隊は、トリアージやスクリーニングなどを支援し、至急のケアが必要な人を優先するために、カリフォルニア州保健福祉チームが派遣される。乗員は船内に残り、「グランド・プリンセス」号は出港する。

乗客が必要とする薬に関する調査は3月6日より開始し、緊急に必要なものを優先し、405人に対して処方した。

「グランド・プリンセス」号は、バミューダ船籍のクルーズ船。1998年に建造し、2011年に改修した。2月11日から21日にかけて運航した、サンフランシスコ発着のメキシコクルーズに乗船していた2人の乗客が新型コロナウイルスに感染していたことがわかっている。1人が死亡し、もう1人も重篤な状態が続いているという。船はその後、ハワイクルーズに出発していた。

■関連記事
日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(4月3日午前6時時点)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(4月3日午後5時現在)

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内