韓国、日本国民の査証免除措置を停止 すでに発給済みの査証も

2020年3月9日 月曜日 9:13 午前

韓国法務部

韓国法務部は、日本国民を対象とした査証免除措置を、3月9日より停止した。

韓国法務部の搭乗者事前確認システム(IPC)により、入国が可能であるかを確認できる。航空会社などは搭乗券を発券する段階、入国審査官は韓国への入国審査時に確認する。

これにより、日本国籍で韓国に入国する人は全員、査証の発給を受ける必要がある。すでに発給済みの一次・数次査証の効力も暫定的に停止しており、新たに発給を受ける必要がある。韓国国内でで外国人登録、居所申告を行っている場合には適用されない。十分な審査を経た後に査証を発給するかを決定するものの、緊急時や人道的な事由が認められる場合には、例外を認める方針だという。

また、日本からの入国者には、特別入国手続きを開始した。検疫当局が入国が不適当であると判断した場合、入国を拒否する。

■関連記事
日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(4月3日午前6時時点)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(4月3日午後5時現在)

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内