鷲羽山下電ホテルとゆのごう美春閣、”疎開”プラン好評でサービス拡大 コロナによるテレワークや休校に対応

2020年3月8日 日曜日 5:48 午後

鷲羽山下電ホテル

鷲羽山下電ホテルとゆのごう美春閣は、新型コロナウイルスの影響によるテレワークや休校に対応した、長期滞在向け「疎開」宿泊プランの販売を開始したところ、多くの反響があったことから追加対応する。

すべての個人向け宿泊プランで朝食弁当の提供を可能とするほか、滞在中のスタッフによる入室回数を減らすため、事前の布団敷きサービスを導入する。朝食弁当はチェックイン時まで申し込むことができる。

ホテル側では、自然環境が豊かな場所で仕事をしながら健康維持を図ってもらいたいという意図で、疎開プランを販売したところ、大きな反響があったことから、利用者の声を参考に、さらなるリスクが低減できる施策を導入したという。

すでに販売している、下電ホテルでは1泊3,300円、2泊目以降2,800円、ゆのごう美春閣では2泊以上で1泊6,000円の低価格プランの販売は継続する。

■関連記事
日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(4月3日午前6時時点)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(4月3日午後5時現在)

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内