イタリア政府、ミラノを含む北部地域で移動を制限 事実上封鎖

2020年3月8日 日曜日 5:13 午後

外務省海外安全ホームページ

イタリア政府は3月8日、首相令を発令し、新型コロナウイルスの感染が拡大するイタリア北部で個人の移動を制限し、事実上封鎖する。

対象地域は「レッドソーン」に含まれる、ロンバルディア州全体、モデナ県、パルマ県、ピアチェンツァ県、リミニ県、レッジョ・エミリア県、ペーザロ・ウルビーノ県、アレッサンドリア県、アスティ県、ノヴァーラ県、ヴェルヴァーノ・クシオ・オッソーラ県、ヴェルチェッリ県、ヴェネチア県、パドヴァ県、トレヴィーゾ県。これらの地域には、ミラノやヴェネツィアなどの日本人に人気の都市も含まれる。

イベントは中止され、スキー施設は一時閉鎖する。文化施設は1メートルの対人距離を確保することで営業が可能。葬儀を含む宗教的行事は一時中止する。レストランやバルは午前6時から午後6時までに営業時間を制限し、対人距離を1メートル以上確保することを保障する義務を追う。

地元メディアによると、イタリアの人口の約4分の1に当たる約1,500万人から1,600万人が影響を受けるという。期間は3月8日から4月3日まで。

在イタリア日本国大使館によると、空港や駅の状況は確認中だという。

■関連記事
日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(4月3日午前6時時点)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(4月3日午後5時現在)

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内