中国と韓国からの入国者、指定場所で2週間待機を要請

2020年3月5日 木曜日 7:30 午後

政府は、中国と韓国からの入国者に、指定場所での2週間の待機を要請する。NHKが速報として伝えた。

水際対策を強化し、感染者が多い2つの国を選んだという。3月4日正午時点で、感染者数は中国で80,270人、韓国で5,328人に及び、死亡者数は中国で2,981人、韓国で32人となっている。

外務省は、中国の湖北省と浙江省、韓国の大邱広域市と慶尚北道の一部地域の感染症危険情報を「レベル3(渡航中止勧告)」に引き上げている。

■関連記事
日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(4月3日午前6時時点)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(4月3日午後5時現在)

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内