ロボットが”駅そば”調理 東小金井駅の店舗で実証実験

2020年3月3日 火曜日 2:08 PM

JR東日本スタートアップとコネクテッドロボティクスは、日本レストランエンタプライズ(NRE)と協力し、「駅そばロボット」の実証実験を3月16日から4月15日まで実施する。

コネクテッドロボティクスが開発したロボットが、生そばを茹でる、洗う、締めるという工程を自動で行う。これにより調理が省力化され、店舗全体の約8時間分、従業員約1人分の作業量を代替できるとしている。1時間あたり40食を調理できる。実施店舗は、JR東小金井駅構内のそばいちnonowa東小金井店。

実証実験の結果を踏まえ、NREが運営する駅そば店舗への本格導入を目指す。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内