ネパール政府、日本含む5ヶ国対象にアライバルビザの発給停止 3月10日から

2020年3月3日 火曜日 2:03 午後

外務省海外安全ホームページ

ネパール政府は3月10日より、日本を含む5ヶ国を対象に、アライバルビザの発給を一時的に停止する。

対象となるのは日本のほか、中国、韓国、イタリア、イランの国籍者。これにより、ネパールに入国する場合には、大使館で事前にビザを取得する必要がある。在ネパール日本国大使館によると、ビザの申請時には、健康証明書が必要だという。

また、ネパール政府は、マレーシア、タイ、シンガポールを含む8ヶ国からの渡航者に対して、空港でのスクリーニングを強化している。体温が38ド以上ある場合、ネパール国内の病院でウイルス検査を受ける必要がある。

日本とネパールの間は、3月2日にネパール航空が、東京/成田〜カトマンズ線を就航したばかり。

■関連記事
日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(4月3日午前6時時点)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(4月3日午後5時現在)

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内