台湾外交部、日本のトラベルアラート更新 北海道への不必要な渡航回避求める

2020年3月1日 日曜日 3:47 PM

台湾外交部

台湾外交部は2月28日、日本のトラベルアラートを更新し、北海道を4段階のうち上から2段階目の「オレンジ色(不必要な渡航の回避)」、北海道以外に日本全土を上から3段階目の「黄色(渡航の是非の検討)」に引き上げた。

日本での新型コロナウイルスの感染者数が引き続き増加しており、8割が国内での感染もしくは感染が疑われていることや、感染経路不明者は29%と高いことなどを受けたもの。北海道では2月28日時点で、66例が確認されており、緊急事態を宣言している。

台湾外交部のトラベルアラートは、注意を求める「灰色」、渡航の是非の検討を促す「黄色」、不必要な渡航の回避を求める「オレンジ色」、最上級の退避を勧告する「赤色」の4段階。

■関連記事
日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(4月3日午前6時時点)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(4月3日午後5時現在)

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内