米国務省、イタリアとモンゴルの渡航注意情報を引き上げ 渡航の再検討求める

2020年2月29日 土曜日 2:15 PM

アメリカ国務省は、現地時間2月28日、イタリアとモンゴルの渡航注意情報を、4段階のうち上から2番目の「レベル3(渡航の再検討)」に引き上げた。

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大に伴うもので、イタリアでは持続的なコミュニティでの広がりが報告されており、どのように、どこで感染したかが不明であること、モンゴルでは交通網の制限が行われていることなどから、引き上げを決めた。不必要な旅行を避けるよう求めている。

アメリカ国務省では、高齢者や慢性的な疾患がある人は重症化リスクが高いことから、医療関係者と旅行について検討し、不必要な旅行の延期を検討することを促した。すでに、中国とイランには最上級の「レベル4(旅行禁止)」、韓国には「レベル3」、日本とマカオ、香港には「レベル2」を発出している。

■関連記事
日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(4月3日午前6時時点)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(4月3日午後5時現在)

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内