外務省、韓国全土に感染症危険情報 大邱と清道には渡航自粛要請継続

2020年2月28日 金曜日 11:14 午後

外務省は2月28日、韓国の大邱広域市と慶尚北道清道郡を除く全土に、感染症危険情報「レベル1(十分注意してください。)」を発出した。

2月25日には、韓国・大邱広域市と慶尚北道清道郡に、感染症危険情報の「レベル2(不要不急の渡航は止めてください。)」を発出しており、継続する。

19日以降、大邱広域市と慶尚北道清道郡で、新型コロナウイルスの感染症例が急増し、2月28日までに韓国全体で2,022例が報告されている。韓国政府は2月21日、大邱広域市と慶尚北道清道郡を「感染症特別管理地域」に指定し、2月23日には感染病危機警報を最高段階の「深刻」段階に引き上げている。

アメリカは韓国全土に、国務省が渡航情報「レベル3(渡航再検討)」、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)も「レベル3(不要不急の渡航延期勧告)」は発出しており、ベトナムや香港など20以上の国・地域は、韓国からの入国を原則的に禁止している。

■関連記事
日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(4月3日午前6時時点)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(4月3日午後5時現在)

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内