旅館・冨士見荘の運営会社が破産申請 新型コロナウイルスによる初の経営破綻、東京商工リサーチ調査

2020年2月25日 火曜日 6:58 PM

東京商工リサーチによると、愛知県蒲郡市の西浦温泉で観光旅館の冨士見荘を運営する冨士見荘は、2月21日までに事業を停止し、名古屋地裁豊橋支部への破産を申請した。

冨士見荘は、1956年2月に設立。資本金は9,600万円。客室数は46室で、200畳の大宴会場やコンベンションホールを備えている。2005年12月期には約5億5,000万円の売上高を計上していたものの、業績不振により資金ショートを起こしていた。中国人ツアーの受け入れに注力していたものの、新型コロナウイルスの影響で団体のキャンセルが相次ぎ、事業継続を断念した。

負債は現在調査中。東京商工リサーチによれば、新型コロナウイルスによる初の経営破綻だという。

■関連記事
日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(3月30日午前10時時点)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(3月27日午後5時現在)

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内