台湾当局、日本と韓国の海外旅行感染症アドバイスを引き上げ 上から2番目の「警示」に

2020年2月22日 土曜日 7:17 午後

台湾中央流行疫情指揮中心

台湾の中央流行疫情指揮中心(中央感染症指揮センター)は、2月22日、日本と韓国の海外旅行感染症アドバイスを、3段階のうち2段階の「警示(Alert)」に引き上げた。

日本での新型コロナウイルス(COVID-19)の確定診断は110例に達しており、14都道府県に分散し、7割以上が現地での感染やその疑念があること、感染源が不明であること、コミュニティや院内感染がみられることから、引き上げを決めた。

これにより、中国大陸と香港・マカオは「警告(Warning)」、日本と韓国、シンガポールは「警示(Alert)」、タイは「注意(Watch)」となった。

■関連記事
日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(4月3日午前6時時点)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(4月3日午後5時現在)

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内