東海道・山陽新幹線、チケットレス乗車サービス拡充 複数人利用でもきっぷ受け取り不要に

2020年2月20日 木曜日 3:41 午後

JR東海とJR西日本は、東海道・山陽新幹線のネット予約&チケットレス乗車サービス「エクスプレス予約」、「スマートEX」で、2021年春に訪日外国人向けのQRコードによるチケットレス乗車サービス、複数人乗車時のチケットレス乗車サービス、遅延が発生した列車の指定席予約・変更サービスを開始する。

訪日外国人向けサービス「Tokaido Sanyo Shinkansen Internet Reservation Service」で、スマートフォンに表示させたQRコードを表示させることで、交通系ICカードを保有していなくてもチケットレス乗車できるようにする。

また、これまでは複数人での利用の際には、代表者が一括予約後、駅で全員分のきっぷを受け取る必要があったものの、それぞれの交通系ICカードを使ってチケットレス乗車をできるようにする。

その他には、遅延が発生している列車が乗車駅を出発していない場合、その列車の指定席の新規予約や、他の列車の指定席からの変更ができるようにする。「EXアプリ」で予約した人には、予約した列車が10分以上遅れると見込まれる場合に、出発駅の予定発車時刻の約1時間前にプッシュ通知で知らせる。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内