ツバル政府、日本を含む3か国1地域を「高リスク国」に指定 入国規制を実施 新型コロナウイルス対策

2020年2月12日 水曜日 7:12 AM

tuvalu_tourism

ツバル政府は、新型コロナウイルス蔓延を防止するための規制を新たに発表した。

規制では、30日以内の中国滞在歴のある人物の入国を禁止するほか、1月30日時点で「高リスク国」と指定されている日本、シンガポール、タイ、香港に滞在歴のある外国船船員の入国を禁止する。また、高リスク国への旅行者は、ツバル入国3日前までに健康診断の受診が義務付けられ、ツバル再入国の5日前までに高リスク国以外の国に滞在しなければならない。

フナフチ空港とフナフチ港では、強制的な健康スクリーニングが実施される。フィジーのナウソリ空港とキリバスのタワラ空港でも実施する場合がある。

■関連記事
日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(4月3日午前6時時点)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(4月3日午後5時現在)

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内