サモア、日本を新型コロナウイルス感染国に指定 入国に制限

2020年2月11日 火曜日 5:58 PM

外務省海外安全ホームページ

在サモア日本国大使館によると、サモア政府は2月7日、渡航勧告の更新と旅行者の医学的評価要件の発出を行い、日本を新型コロナウイルス感染国に指定した上で、入国に制限を設けた。

これにより、日本を出発または経由してサモアに渡航する全ての渡航者は、サモア入国直前に非感染国において14日以上滞在し、サモアに最終的に渡航する前の3日以内に健康診断を受診することが義務付けられた。また、サモアに入国する全ての旅行者は、搭乗中または到着時に特別の健康申告書式に記入が求められるほか、入国時に空港もしくは港湾において義務的検査が実施される。

最新の情報は、サモア政府保健省のホームページ(英語)から随時確認できる。

■関連記事
日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(4月3日午前6時時点)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(4月3日午後5時現在)

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内