春秋航空日本、中国路線をさらに縮小 重慶・寧波・武漢線運休、天津・ハルビン線は週2便に

2020年2月10日 月曜日 5:30 PM

春秋航空日本

春秋航空日本は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、中国政府が団体旅行を禁止したことなどを受け、中国路線の運航をさらに縮小する。

東京/成田〜重慶線を2月6日から、東京/成田〜寧波線を2月7日から運休するほか、2月17日からは、東京/成田〜天津・ハルビン線を週5便減の週2便の運航とする。期間は3月28日まで。

東京/成田〜武漢線も1月25日から運休しており、これにより、春秋航空日本の中国路線は3路線週11便に大幅に縮小することになる。

■関連記事
日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(3月30日午前10時時点)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(3月27日午後5時現在)

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内